記事を共有・ブックマークする このエントリーをはてなブックマークに追加

柿渋の作り方はどうやる?

柿渋は、まだ熟していない青い渋柿を潰し、圧搾して得た液を発酵させた褐色の液体です。柿渋は、布を染める染料や、窓枠などの塗料などにも利用することができます。木に柿渋を塗ると、時を経るにつれて赤味を帯びたいい色合いになっていきます。柿渋は、防虫効果などもあり、古くから様々なところに利用されてきました。最近は、加齢臭対策として柿渋石鹸が大人気になっているみたいです。
柿渋の新たな性質が明らかとなってきたみたいです。、様々な分野への応用が試みられています。例えば、柿渋のタンニンによる皮膚保護効果や、肌のひきしめ効果などを利用した化粧品などが考案されています。これは、柿渋がやけどやしもやけの民間薬として利用されてきたことにヒントを得たものであり、実際に柿渋エキス入りの化粧品が発売されています。また、柿渋のポリフェノールを用いた健康食品や、高血圧の民間薬なども広まりつつあります。これから柿渋はどんどん注目されていくでしょう。
検索する

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

Copyright (C)2015どうしてる?あなたの日焼け止め対策は.All rights reserved.